5月2日、住民監査請求書を提出しました。

私たちは、昨年10月末から政務調査費領収書の解析を始めました。初めは近隣の先輩オンブズから方法を聞き、手探りの状態でしたが、徐々にペースを掴んでいきました。

領収書を見ていると、市民感覚からして、大なり小なりの問題・疑念を感じるものが多々ありましたが、今回は監査請求の一年期限という時間的制約もあり、最も問題に思えた一事項について監査請求しました。

それはホームページへ政務調査費を使用したものですが、他の議員と比べても額が1桁多く、内容的にも調査研究とは違うものに思え、区政報告というより区長選挙の宣伝活動に当たるものではないかと思えるものです。(時期的にも昨年の区長選挙前に作られたものです)

このことは、全国市民オンブズマン連絡会議と連携して進めています。「これはひどい」という話になっています。

監査結果は60日以内に出る予定です。
[PR]

by ombudsnakano | 2011-05-10 22:12 | 政務調査費  

<< 収支報告のサイクルがもっと短く... 政務調査費に関するアンケート・最終 >>