6月1日意見陳述・・・不自然な領収書

区議会議員・奥田けんじ氏のホームページ内の動画サイト「ナカノクエスト」に支出された150万円の政務調査費使用について、住民監査請求をしていますが、その意見陳述が6月1日にありました。私たちは、金額が他議員・会派のホームページと比べて、破格に高額であること。動画が公開された時期・内容からして、区議会会派に支給された政務調査費が中野区長選挙へ向けた広告・自己宣伝に流用されているのではないか等、粛々と述べました。

午後の時間帯に関係部署に対する尋問へ移りましたが、私たちは傍聴しました。この中で、監査委員から区議会事務局に対して「150万円もの支出に対して、収入印紙も貼っていない領収書」という旨の発言がありました。
確かに、奥田氏のこの動画作成費の領収書には、150万円の支出であるに拘らず、収入印紙が貼っていないのです。他会派を見ると、3万円以上の領収書には収入印紙が貼ってあります。また、奥田氏の領収書の「内訳」欄には、「銀行振込」と書いてありますが、振込み明細票も添付されていません。サイトを見る限り「ナカノクエスト」は2009年11月・12月から起動していますが、領収書の日付は2010年3月31日になっています。不自然な領収書と言わざるを得ません。
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-03 16:55 | 政務調査費  

<< <名古屋市議会>則... 都内で続々と放射線量の独自測定 >>