<名古屋市議会>則竹市議が辞職 政務調査費不適切処理で引責

名古屋市議会の減税日本の則竹勅仁議員(45)=中区=は6月6日、自身の公約違反と政務調査費の不適切処理の責任を取り、議員辞職しました。中村孝太郎議長に辞職願を出し、受理されました。則竹氏は、減税日本議員団長を辞任、会派離脱を表明していましたが、公約違反に続き政務調査費問題も明るみに出て、議員辞職に追い込まれました。(6月6日付け 毎日新聞)
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-10 10:59 | 政務調査費  

<< 東京都、100カ所で放射線量測定へ 6月1日意見陳述・・・不自然な領収書 >>