東京都、100カ所で放射線量測定へ

英語の「ホットスポット」という言葉は、「窮地」や「やっかいもの」という意味で使われるようです。いまの日本では「放射能汚染度が高い地点」という意味で使われています。確かに「やっかいな窮地」であります。この「窮地」は、どこにあっても困るものですが、特に保育園の園庭や公園の砂場では「やっかい窮まり」ます。

ところで、東京都は8日、都内の約100ヶ所で放射線量を測定すると発表しました。測定は区市町村が希望する場所で実施。都健康安全研究センター職員が、地表面と地面から高さ1メートルの大気中放射線量を測定します。さて・・・中野区は?
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-10 11:24 | つぶやき  

<< 長崎市で政務調査費のマニュアル... <名古屋市議会>則... >>