<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

政務調査費使途 ネット公開 滋賀県大津市議会

滋賀県大津市議会は今年度から、市議の政務調査費の収支報告書について、市のホームページ上での公開を始めました。

議会改革の議論の中で、議会事務局で閲覧する従来のやり方では「一般市民が利用しづらい」と判断しました。現在は、各会派の2010年度分の収支報告書を見ることができます。

政務調査費は大津市のHPから市議会のページに接続すれば閲覧できます。
また、市議会事務局に申請すれば、終始報告書や領収書の写しなども見られます。
(2011年6月21日 読売新聞)

政務調査費の収支報告書、もっと踏み込んで領収書を自治体ホームページで閲覧できることを
一般化していけば、全国的に政調費の不透明な使途は減っていくのではないでしょうか。
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-23 21:04 | 政務調査費  

3月11日から地球は変わってしまった

「3月11日から地球は変わってしまった」ーこれは、6月14日のTBSラジオ「ニュース探求ラジオ・DIG」での小出裕章助教(京大原子炉実験所)の発言です。番組ナビの神保哲生氏とのやり取りの中で出たものです。

「3月11日から地球は変わってしまった」-福島の原発事故は、それくらいのレベルで捉えておく必要があるのではないでしょうか。これは、人類の歴史の変わり目であるばかりでなく、地球規模での生態系の歴史そのものを変えてしまうかもしれません。私たちはすでに「地球」にも「未来」にも取り返しが付かないことをしてしまいました。私たちは既にいちど敗北しています。この現実を踏まえて「未来」を見据えていかなければなりません。

6月20日付け毎日新聞「風知草」(山田孝男)に小出助教のメッセージが紹介されています。
「東京電力の発表を見る限り、福島原発の原子炉は、ドロドロに溶けた核燃料が、圧力鍋のような容器の底を破ってコンクリートの土台にめり込み、地下へ沈みつつある。一刻も早く周辺の土中深く壁をめぐらせて地下ダムを築き、放射性物質に汚染された地下水の海洋流出を食い止めねばならない」

これも現時点では仮説の一つです。小出助教は他の研究者に比べて、悲観的なメッセージを出し続けました。彼の主張を聞くと暗澹たる気分に陥ります。しかし、無為に楽観論にすがろうとするよりも、やや深刻に受け止めておいた方が危機に対応しやすいということを、私たちはこの三ヶ月間で学んでいます。行政は事態を深刻に受け止めるべきです。

ここで使っている「未来」という言葉は、いまの乳幼児、小学生、中学生、そして、これから生まれ来る人々を含意しています。いま区内のあちこちで、区民が自主的に「未来」を守ろうと集り、話し合い、行動しています。
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-20 15:36 | つぶやき  

長崎市で政務調査費のマニュアル策定:不特定費用、半額を個人負担

長崎市議会の政務調査費を巡り、田上富久市長が市監査委員の勧告に基づき、09年分・不正支出の返還を当時の市議に求めた問題で、議会運営委員会は6月13日、明確に政調費と特定できない費用について、2分の1を個人負担とするマニュアルを了承しました。

長崎市の議員1人の政調費は月額15万円。認められる使途は、研究研修費など計11項目ありますが、マニュアルでは、このうち□広報費□人件費□事務所費□事務費ーーを原則2分の1負担としました。また、ガソリン代や携帯電話使用量などの交通通信費も原則2分の1とした上で、「政務調査」と説明できれば全額認めるということです。

この方法がベストとも言い切れませんが、このシステムを全国的に議論・検討していく必要はあるのではないでしょうか。
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-17 19:11 | 政務調査費  

東京都、100カ所で放射線量測定へ

英語の「ホットスポット」という言葉は、「窮地」や「やっかいもの」という意味で使われるようです。いまの日本では「放射能汚染度が高い地点」という意味で使われています。確かに「やっかいな窮地」であります。この「窮地」は、どこにあっても困るものですが、特に保育園の園庭や公園の砂場では「やっかい窮まり」ます。

ところで、東京都は8日、都内の約100ヶ所で放射線量を測定すると発表しました。測定は区市町村が希望する場所で実施。都健康安全研究センター職員が、地表面と地面から高さ1メートルの大気中放射線量を測定します。さて・・・中野区は?
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-10 11:24 | つぶやき  

<名古屋市議会>則竹市議が辞職 政務調査費不適切処理で引責

名古屋市議会の減税日本の則竹勅仁議員(45)=中区=は6月6日、自身の公約違反と政務調査費の不適切処理の責任を取り、議員辞職しました。中村孝太郎議長に辞職願を出し、受理されました。則竹氏は、減税日本議員団長を辞任、会派離脱を表明していましたが、公約違反に続き政務調査費問題も明るみに出て、議員辞職に追い込まれました。(6月6日付け 毎日新聞)
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-10 10:59 | 政務調査費  

6月1日意見陳述・・・不自然な領収書

区議会議員・奥田けんじ氏のホームページ内の動画サイト「ナカノクエスト」に支出された150万円の政務調査費使用について、住民監査請求をしていますが、その意見陳述が6月1日にありました。私たちは、金額が他議員・会派のホームページと比べて、破格に高額であること。動画が公開された時期・内容からして、区議会会派に支給された政務調査費が中野区長選挙へ向けた広告・自己宣伝に流用されているのではないか等、粛々と述べました。

午後の時間帯に関係部署に対する尋問へ移りましたが、私たちは傍聴しました。この中で、監査委員から区議会事務局に対して「150万円もの支出に対して、収入印紙も貼っていない領収書」という旨の発言がありました。
確かに、奥田氏のこの動画作成費の領収書には、150万円の支出であるに拘らず、収入印紙が貼っていないのです。他会派を見ると、3万円以上の領収書には収入印紙が貼ってあります。また、奥田氏の領収書の「内訳」欄には、「銀行振込」と書いてありますが、振込み明細票も添付されていません。サイトを見る限り「ナカノクエスト」は2009年11月・12月から起動していますが、領収書の日付は2010年3月31日になっています。不自然な領収書と言わざるを得ません。
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-03 16:55 | 政務調査費  

都内で続々と放射線量の独自測定

渋谷区は5月31日、6月中にも区独自で放射線量の測定を始めると発表しました。専門家による委員会を併せて設置し、測定結果を分析してもらい、区民に直接説明する場を設ける方針。
また、調布市は6月末から独自の調査を始めることが分かりました。可動式の測定器で市内各地を測定ポイントを設ける方針。

世田谷区役所は、現在、放射線量の測定に向けて準備中。江東区と練馬区も、放射線量の独自測定を6月中にも実施すると発表。さて、中野区は・・・?
[PR]

by ombudsnakano | 2011-06-03 16:31 | つぶやき